ドライブレコーダー(ドラレコ)搭載していて追突されたお話

高速でのあおり事故が起きてから、ドライブレコーダー(ドラレコ)の需要がかなり上がってきています。
我が家ももしもの為に、夫の車・私の車の2台にドラレコを搭載しています。

その後事故にあったので、ドラレコがどうだったのかのお話をしてみたいと思います。

目次

ドライブレコーダー(ドラレコ)は前後に付けるのが必須!

ドラレコは前だけ付ければいいのではなく、前後どちらにもつけるのがオススメです!

完全に横から追突された場合は見えないのが残念ですが、前と後ろにカメラがあるだけで違ってきます。

さた
今回の後ろからの追突事故というものもあるので、後ろのカメラは意味があります

ドライブレコーダー(ドラレコ)を搭載したら、録画保存の仕方を覚えよう!

事故にあった時の為に、ドラレコの使い方を覚えておきましょう!

最近のドラレコは衝撃があると自動で保存されるようになっていますが、自分でも事故当時の映像を残せるようにしておいた方がいいと思います。

さた
せっかくドラレコがついているのに、事故当時の映像が残っていなかったら残念過ぎるので…。

ドライブレコーダー(ドラレコ)搭載していて後から追突されたお話

夫が信号待ちをしている時(停車中)に、後ろから追突されてしまいました。

幸いスピードが出ていなかったので、怪我もなく車自体も大きな損傷はありませんでした。

ドラレコの映像を残そうと、SDカードを取り出しておいてくれたので事故当時の映像はしっかりと残っていました。

ドライブレコーダー(ドラレコ)搭載していて役に立ったのか?

完全停車中に後ろから追突されたので、10:0での責任となりました。

完全に後ろの車の責任となっているので、警察からはドラレコの映像を欲しいとは言われなったようです。

ドラレコ映像にはぶつかる瞬間から、相手のナンバープレートもはっきり写っていたのでもしもの為のに保存していました。

ドライブレコーダー(ドラレコ)搭載しておいたほうが保険になる

今回の事故は10:0だったので責任の比率は問われませんでしたが、動いている車同士だとその状況次第では責任の度合いが変わってきます。

当事者同士の話だと正確には分からなかったり、信号が何色だったのかも分かりません。

自分が安全に運転していたのならば、その証明にもなるのでドライブレコーダー(ドラレコ)は付けておいた方がいいと思います。

ドライブレコーダー(ドラレコ)搭載していて追突されたお話のまとめ

今回は幸いの事に怪我もなく、車の修理だけで済みました。

安全運転をしていても事故にあう確率は一定にあるので、もしもの保険としてドラレコがあるといいかもしれないです!

合わせて読みたい

[getpost id=”1256″][getpost id=”1036″]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次