税金支払いは今までnanacoカードを使っており、チャージはyahoo!JAPANカードを使っていました。
yahoo!JAPANカードが2020年2月から、nanacoチャージでのポイント付与が廃止決定したので、今後の支払いをどうしようかと考えていました。
一度は考えていたセブンカード・プラスが年会費無料へと変更になったので、今回はどれだけお得なのかまとめてみました!

税金支払い・公共料金支払いでポイント狙うならnanacoカードで支払い

普通に税金・公共料金支払いではクレジット決済できないものが多く、ポイント付与は狙えません。

ですがnanacoカードで支払いの際に、クレジットでnanacoにチャージをすればその時にポイント付与が発生します

200円で1ポイントが付与されるので、0.5%の還元率になります。

nanacoカードのチャージはセブンカードプラスにて:年会費無料へと改定

今まではナナコチャージの際はyahoo!JAPANカードを使用していましたが、2020年2月よりポイント付与が廃止されました。

そして過去のセブンカードプラスは年会費500円(初年度無料・利用額5万以上で翌年無料)となっていました。

メインクレカが違う私にとって、月5万の利用がネックで作っていませんでした。

今回セブンカードプラスが年会費無料へと2020年1月から変更されたので、作ろうと決断しました。

nanacoカードのチャージはセブンカードプラスにて:どれだけお得になる?

例えば税金や公共料金支払いの金額が5万円だったときは、250円分ポイントが付与されます。

また10万円になると500円分ポイント付与されるので、地味にポイントの存在が有難かったりします。

現金支払いだといくら払っても0ポイントなので、0.5%還元があるのと無いのとでは大きく違ってきます。

税金支払いならnanacoカード(セブンカード・プラス)で!年会費無料へと変更&チャージでポイント取りのまとめ

税金・公共料金支払いをnanacoカードで支払う際は、チャージをクレカで行うことを忘れないでください!
そのまま現金でチャージしていては何もポイントは発生しないので、普通に引き落としにした方が楽でいいです。

税金・公共料金支払いでポイント付与を狙いたい方は、今回年会費無料になったセブンカードプラスを検討するのもいいかもしれないです!

おすすめの記事