子供の髪カットは自分でもできそうな気がしたので、自宅で私がカットしています。
子供の髪は親がカットしているという方も多いと思うので、おすすめの道具を紹介していきたいと思います!

子供の散髪道具のおすすめ:カット失敗しないアイテム①ハサミ・すきばさみ

最初のころは大人がセルフカットで使うようなものを使用していました。
ですが、切りづらく失敗してしまうことも多々ありました。

子供の散髪に向いているハサミを購入したところ、一気にカットが捗りました。

子供の髪のカットおすすめアイテムは?②散髪ケープ・クロス

以前は100均のケープを利用していましたが、髪がケープにくっ付いて片付けが大変だったり、切った髪の取りこぼしが多く使用をやめました。

少し値段は上がりましたが、散髪用のしっかりとしたケープを利用すると髪の取りこぼしがかなり減り、片づけがかなり楽になりました。

前髪カットだけなら、この散髪ケープがあれば下に新聞紙を引かなくても下に殆ど落ちないので楽です。

子供用や大人用によって、首周りのサイズが変わってくるのでお子さんの首周りにあったケープを選んであげましょう!

子供の髪のカットおすすめアイテムは?切るのに失敗しない道具③バリカン

我が家は男の子2人なので、自宅カットではバリカンがあると楽でした。

丸刈りするのに使用しているわけではないのですが、ツーブロックにする時や、襟足にバリカンを使うと夏には涼しく過ごせるのでオススメです。

子供は動いたりするので、バリカンはコードレスの充電タイプがおすすめです!

子供の髪のカットおすすめアイテムは?切るのに失敗しない道具④クリップ(ダッカール)・スプレー

以前は100均のクリップを使っていましたが、髪の量が多いと外れやすいのが難点でした。

美容室で使うようなダッカール(髪留め)を使用すると、髪の量が多くても落ちてくることがなくなったのでとても楽です。

スプレー容器は100均でも大丈夫だと思います。
スプレーに水を入れて、少し濡らしてカットしています。

子供の髪カットおすすめ道具は?切るのに失敗しないはさみ・ケープのまとめ

いかがでしたでしょうか?子供の髪をカットするのは、最初は大変だと思いますが回数を増せば慣れてきます。

最初のころは失敗して「髪型おかしくない?」と身内から指摘されましたが、今では普通になったと言われています。

我が家では散髪時はiPadで動画を見るのが定番になっているので、大人しく座るようになりました。
大人しく座ってくれる工夫をして、いい道具を揃えれば親の負担も少なるなくので、やりにくいと思う方は道具を変えてみるのもいいかもしれないですね!

個人的には散髪ケープ散髪ハサミを変えただけで、一気に散髪の楽さが変わりました!

おすすめの記事