モノポリーリニューアルで新旧の商品比較:駒の種類は変わった?

定番ボードゲームの”モノポリー”がリニューアルして数年経ちましたが、我が家もボロボロになったモノポリーを買い替えることにしました。

新しいモノポリーと古いモノポリーは何が変わったのか、駒の種類などまとめてみました!

目次

新旧モノポリーの変化は?箱の大きさが小さくなった

旧型のモノポリーと新型のモノポリーを比べてみると、箱の大きさが変わっていました。

中の遊ぶボード(板)が二つ折りから、四つ折りに変わっていたことから箱が大きく変わったようでした。

リニューアルしたモノポリーは駒の種類が変わった?総選挙で落ちた駒と当選した駒は?

旧型モノポリー(10種類)

・馬
・アイロン
・大砲
・指貫
・手押し車
・靴
・レースカー
・軍艦
・帽子
・犬

新型モノポリー(8種類)

・車
・軍艦
・帽子
・犬
・ティラノサウルス
・ペンギン
・アヒル
・猫

種類も減りましたが、半分以上の駒が総選挙で落選してレギュラー落ちしました。

モノポリーの駒(大砲・馬・アイロン・指貫・靴・手押し車)はいつから外れたの?

2010年
日本のモノポリーで【大砲&馬】の駒がメインから外されました。

2013年
モノポリーの駒総選挙にて【アイロン】が外され、【猫】が新規参入しました。

2017年
モノポリーの駒総選挙にて【指貫・靴・手押し車】が外され、【ティラノサウルス・アヒル・ペンギン】が新しく仲間入りしました。

新しくなったモノポリーで盤面は何か変わった?

基本的にルールや土地名・土地価格といった点での大きな変更はありませんが、【物品税】が75ドルから100ドルへと値上げ変更がありました。

個人的には75ドルはお釣りが手間だったので、100ドルになって分かりやすくなったとは思いました。

さた
モノポリー内でも増税があるのですね…

リニューアルしたモノポリーはお金の種類(金種)の数が変わった

手持ち金額は1,500ドルなのは変わらないのですが、金種の枚数が変わりました。

〈旧モノポリー〉

1ドル×5
5ドル×5
10ドル×5
20ドル×6
50ドル×2
100ドル×2
500ドル×2
合計1,500ドル

〈新モノポリー〉

1ドル×5
5ドル×1
10ドル×2
20ドル×1
50ドル×1
100ドル×4
500ドル×2
合計1,500ドル

新旧モノポリーで変わった点のまとめは?何が変更されたのか?

・駒の数や種類が変更
・ボードが二つ折り→四つ折りへ
・お札の色が多少変更
・外箱以外はサイズはそんなに変わらない
・物品税が75ドルから100ドルに値上げ
・チャンス、共同基金の中身が少し変わっていた
(3マス下がる、が以前は無かった)
・最初に配る金種が少し変わっていた
・外箱が小さくなったことで、物の収納スペースが少なくなった

モノポリーリニューアルで新旧の商品比較:駒の種類は変わった?のまとめ

大きく変わった点と言えば、駒の種類や数が減ったことでしょうか。
基本的にはルールも地名も変わらないので、昔のモノポリーをしていた人もリニューアルモノポリーで楽しめると思います!

我が家の定番ボードゲームといえばモノポリーだったので、リニューアルしたモノポリーでも遊び尽くしたいと思います!

合わせて読みたい

[getpost id=”8282″][getpost id=”8304″]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次