息子(3歳児)が野菜嫌いで、特に緑色野菜が嫌いでほうれん草・小松菜などは一切食べてくれませんでした。

時が経つにつれ緑野菜も食べてくれるようになりましたが、一切食べない時期にはグリーンスムージーに頼っていました。
小松菜が入っているので、そこで野菜を摂ってもらおうとしていました。

子供が生まれる前から作っているグリーンスムージー、簡単にできるのでレシピを紹介します!

おすすめ簡単レシピ:グリーンスムージーの材料は?

バナナ(冷凍)
りんご(皮付き)
小松菜(冷凍)
ハチミツ
牛乳
ヨーグルト

以上の6種類で作っています。

おすすめ簡単レシピ:グリーンスムージーの材料<バナナは冷凍>

バナナと小松菜は安い時に大量に買って、冷凍保存しておくのがオススメです!

バナナはシュガースポット(茶色の点々)が出るまで常温でおいておきます。

シュガースポットが出たら、一気に全部剥いて千切って冷凍しておきます。

シュガースポットが出てきてから食べる方が、通常のバナナより免疫力が高くなります

さた
バナナは栄養がバランスよく、ビタミンが豊富に含まれています!

おすすめ簡単レシピ:グリーンスムージーの材料<小松菜は生のまま冷凍>

小松菜は買ってすぐに、洗って→刻んで→生で冷凍しておきます。

生のまま冷凍すると
ビタミンCなどの栄養素がそのまま摂れる
冷蔵保存より、冷凍保存の方が長く保存できる!

おすすめ簡単レシピ:グリーンスムージーの材料<ハチミツは1歳未満は注意>

材料にハチミツが入っていますが、子供が1歳前後だった時は"オリゴ糖"を使っていました。

1歳未満の子供にはハチミツは与えてはいけないので、ご注意下さい!

おすすめ簡単レシピ:グリーンスムージーの材料<牛乳は温めてから>

バナナと小松菜が冷凍されているので、牛乳が冷たいままだとかなり冷たいシェイクになってしまいます

シェイクが良い方は、そのままでもいいかもしれませんがミキサーが回りづくなるのでご注意を。

冬に冷たすぎるスムージーを飲むのはキツイので、牛乳を温めてある程度食材を溶かした方がミキサー回ります。

ポイント

牛乳は温めても、栄養素的には変わらないので大丈夫です!

おすすめ簡単レシピ:グリーンスムージーの分量は?

4人分のグリーンスムージー

りんご:半~1個
バナナ:1本半ほど
小松菜:2~3束ほど
牛乳:250mlほど
ヨーグルト:10~20g
ハチミツ:大さじ1~2

正確に測って毎回入れているわけではないので、その都度違っていると思います。

自分の好みに合わせて、各材料の量は調整していって良いと思います!
(私は子供達に小松菜を多く取らせたいので、多めに入れています)

ポイント

ヨーグルトは多いと酸味が強くなるのでご注意を。
バナナは甘いので、ハチミツはかなり少なくてもいいと思います。

おすすめ簡単レシピ:グリーンスムージーのレシピ・作り方は?

①リンゴは皮つきのまま種や芯を除き、ある程度の大きさにカットします。
(リンゴは最初に洗剤で洗っておきましょう!)

②牛乳をレンジで温めておく

③ヨーグルト、ハチミツ、バナナ、小松菜を入れておきます。

④温めた牛乳を最後に入れて、ミキサーを回します。

ポイント

ハチミツを最後に方に入れると、ミキサーの蓋にくっ付いてしまうので最初の方に入れるのがおすすめ

おすすめ簡単レシピ:グリーンスムージーの味は?甘い、苦い?子供でも飲める

バナナは甘さがあり、ハチミツが入っていることもあって小松菜の苦味は殆ど感じません

子供が1歳前後から飲み始めていますが、嫌がることなく毎朝飲んでいます。

ポイント

小松菜は冷凍すると、緑臭さや苦味が落ちるので飲みやすくなります。

野菜を摂らない子供の為にグリーンスムージーのおすすめレシピのまとめ

野菜嫌いな子供は多いと思います。
我が家の次男(3歳児)は野菜が嫌いなので、グリーンスムージーで野菜を摂って貰えて良かったと思っています。

6年以上続けて毎朝、我が家の朝食として出しています。
これを飲んでいるから特に何かなっている訳ではないですが、美味しく栄養摂れているので個人的には満足しています。

小松菜を洗って刻むのが少し面倒かもしれませんが、作るの自体は簡単なのでオススメです!

おすすめの記事