外食先では、今まで普通の食事エプロンを使っていましたが、洗ったりするのが手間だったりました。そこで使い捨てエプロンで有名な【コストコ】ビブスターと、【西松屋】の2商品を比較してみました!

【西松屋】の使い捨てエプロン「おてがるエプロン」は?

1枚あたり15~16円

私が購入したものは、30枚入りで499円(税込)のものでした。

柄は星柄一択で、色は2種類ものが入っていました。1枚あたり約16円となります。
(60枚入りのものは899円・税込。一枚あたり約15円になります)

西松屋のおてがるエプロンの特徴

西松屋のポイント

・留め具は「テープ」
・ポケットあり<裏返す>
・2層構造

・留め方は、「テープ」。一応、貼り直しがきくと記載されていますが、何度もやると破れてくる
(試しに、一度貼り付けて、翌朝に剥がそうとしましたが、破れてしまいました)

・ポケットは、ひっくり返すことでポケットができる。

・2層構造で作られています

【コストコ】の使い捨てエプロン「ビブスター」は?

会員制の倉庫型卸売小売である「コストコ」で販売している、使い捨てエプロン「ビブスター」。
使い捨てエプロンといえば、これと言うくらい使っている方を多く見かけます。1箱で60枚入りとなっています。

値段は、当初800円台で購入できていたようですが、今では1,200円弱といったところ。

1枚あたり約20円

コストコのビブスターの特徴

コストコのポイント

・留め具は「マジックテープ」
・ポケットあり<折り込む>
・3層構造

・留め方は、「マジックテープ」なので、留め直しが出来る

・ポケットは、表側についており、「FOLD ME IN」と書かれている部分を折り込めば立体ポケットの出来上がり

・3層構造で作られている(表面は、布のようなシート。裏面は、防水シート)

・柄は「セサミストリート」で、エルモ・アビー・クッキーモンスターから選ぶことができます。

おてがるエプロンとビブスターに水を通してみた結果

まずは、西松屋のおてがるエプロンから。
水を通してみたところ、エプロンから水が漏れることはありませんでした

ただ、湿った感じでエプロンがへたってきました。
ポケット部分が小さいため、水はすぐにポケットから出て下に流れていきました。裏側に水がつくことはありませんでした。

コストコのビブスターは、水を通したところ、ポケット部分がメッシュな為、水はそのまま通って流れてきました
裏生地が防水素材なため、裏側に水がつくことはありませんでした。

おてがるエプロンとビブスターのポケットの大きさ比較

ポケットの大きさを比較すると、コストコのビブスターの方が大きめに作られていました。

西松屋のおてがるエプロンのポケット口:約20cm

コストコのビブスターのポケット口:約22cm

【西松屋】の「おてがるエプロン」と【コストコ】の「ビブスター」比較一覧

西松屋
おてがるエプロン
コストコ
ビブスター
値段 一枚あたり約15円 一枚あたり約20円
構造 2層構造(素材:紙) 3層構造(素材:紙・防水素材)
留め方 テープ(留め直し可能) マジックテープ(留め直し可能)
ポケット ひっくり反して使う(ポケット部分:小さめ) 「FOLD ME IN」の部分を折り返す(ポケット部分:大きめ)
絵柄 星柄一択のみ セサミストリート3種類
(エルモ・アビー・クッキーモンスター)
購入場所 全国874店舗 全国26倉庫店
量の種類 30枚入り or 60枚入り 12枚入り or 60枚入り
ネット販売 △大手ネットショッピングは売切。公式サイトでは購入可 ◎大手ネットショッピングで有り

まずは試してみたい人用、少量パック

どちらも使ってみたいけど、60枚入りは多すぎる…。そんな方のために、少量パックもありました!
コストコのビブスターの少量パック(12枚入り)は、コストコの倉庫にはおいていないので、購入はネットのみとなります。

西松屋 おてがるエプロン 30枚入り

価格:499円程
一枚あたり約16円~

公式通販サイトで見る

1歳児に使用してみた感想

次男(1歳児)に着用してもらいました。
なぜか、ここ最近は使い捨てスタイを嫌がるようになってしまい、西松屋の「おてがるエプロン」は速攻で破られてしまいました。

コストコの「ビブスター」は破れるまでいかないものの、すぐに外されてしまいました。

3歳児に使用してみた感想

長男(3歳児)に着用してもらったところ、流石に話せばわかるので嫌がって取ることはありませんでした。

体系ががっしりしている為、首回りが太めですが西松屋のおてがるエプロンでも、まだ留めるのに余裕がありました

コストコのビブスターも、問題なく留めることができました。
首にあたる感覚を聞いてみましたが、どちらも「痛くない」とのことでした。

【西松屋】の「おてがるエプロン」と【コストコ】の「ビブスター」を比べたまとめ

2社の大きな差は、一枚あたりの値段となってきます。
60枚入りで購入すれば、約4円ほどの差額ですが、少量パックは34円もの差が出てきます

西松屋の方が、値段は安く・簡易的と言ったところですが、「使い捨てスタイ」としての機能は十分にありました。
コストコの方は値段が高くなる分、作りが西松屋よりかなりよくなっていました。

一枚あたり数円の差ですが、低価格でも十分使える西松屋にするか、少し値段は上がるが機能性がいいコストコにするのか、決めかねている方は少量パック試してみるのもありかもしれません!

おすすめの記事