在宅ワーカーとして活動しようと奮闘中のさた(@syuhumesen)です。座り仕事が続くと腰痛や、肘や手首の痛みなど出てくるかと思います。
私も一時期、手の痛さと腰痛に悩んでいたことがありました。私がいま使っていておすすめできるデスクワーカさん用グッズを紹介したいと思います。

在宅ワーク・座り仕事・デスクワークの腰痛におすすめ椅子クッション

過去事務仕事をしていた時代に、円座クッションや骨盤クッションなどを試してみましたがどれも腰痛には効きませんでした。

在宅で仕事をするようになり、パソコンに向かう時間が増えました。そこで話題になっていた「姿勢を正してくれる骨盤サポートチェアボディメイクシート スタイルを購入しました。

こちらは自分が持っている椅子に付けるだけなので、オフィスでも自宅でも持ち歩きが可能なのがいいところだと思います。
私もデスクワークするとき、食事をするときなど、移動するたびにボディメイクシート スタイルも一緒に移動しています。

Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)は姿勢・腰痛にいい?

ボディメイクシート スタイルを買った当初は、座り心地に慣れなくて疲れることもありました。ただ長時間座っていると、普段起こる腰痛がきませんでした

姿勢を正す、ということが慣れていないことから最初は疲れがきたのだと思いました。使い続けて1年以上経ちましたが、腰痛に悩まされることはなくなりました。

パソコン仕事で肘・手首が痛いときにはリストレスト

椅子クッションの次におすすめするのは、キーボード操作の時にあると便利な「リストレスト」の紹介です。

キーボード操作や、マウス操作の時にクッションがないと手首が痛くなりがちです。リストレストがあると、手首や肘への負担が減るので、痛むこともなくなると思います。

リストレストはキーボード用と、マウス用の2個あれば捗る

リストレストは長いものと短いものがあります。キーボード用と、マウス用がありそれぞれあると作業がしやすくなります。
以前はキーボード用ひとつだけを使用していましたが、一つのリストレストだけではマウスの位置までカバーできません。

デスクワークをしているのなら、リストレストミニリストレストをセットで買っておくのがベストだと思います。

在宅ワーカー・座り仕事の人へおすすめするグッズのまとめ

いかがでしたでしょうか?私の場合はパソコンと向かい合っている時間がそんなに長くはないですが、これらのグッズがあることで体が楽になっています。
在宅ワークや座り仕事などで、腰痛・手首や肘の痛みに悩まされている人は検討してみるのもいいかもしれないですね!

 

おすすめの記事