今年の夏に買って、一番良かったものは「ロゴス ハイパー氷点下クーラーL」と「ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックXL」でした!
今までクーラーボックスは、家族が使わなくなったものを貰って使っていたので、使用頻度はかなり低いものでした。

夏の暑さで食品が溶けてしまうのが嫌で、物が良いクーラーボックスを買おうと思いました。

ロゴス ハイパー氷点下クーラーLを買ってみた感想は?

まず、「ロゴス ハイパー氷点下クーラーL」を買おうと思ったきっかけは、

保冷力の高さ
折りたためる
本体の軽さ
デザイン

で選びました。

実際に棚に置くと↓これくらい場所を取りますが。


折りたたんでしまえば、↓ここまでコンパクトになります。
場所を取らないという点では、今までのたためないクーラーボックスよりかなり省スペースで気に入っています

ロゴス ハイパー氷点下クーラーLとロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックXLの保冷力は?

同じロゴスから発売されている保冷剤を2個セットで購入しました。
2個購入した理由は、2個の保冷剤挟むと"釣った魚を凍らせることができる"保冷力に期待したからです。

我が家では釣りはしませんが、冷凍食品やアイスを購入した時に、家に着く前に溶けてしまうことを防止したので2個購入しました。

肝心の保冷力ですが、アイス・冷凍食品を購入して2個の保冷剤で挟んでおいたら4~5時間後でも食品はガチガチに凍ったままでした!
一緒に入れていたジュースは上の方に置いていたので凍ることはなく、冷蔵庫から出したかのような冷たさを保っていました。

公式では最大11時間保冷がきくそうです!

ロゴス ハイパー氷点下クーラーの種類は?

ロゴス ハイパー氷点下クーラーのデザインは全て同じですが、大きさが3種類あります
M・L・XLサイズの3種類となっています。

我が家は4人家族なので、Lサイズで丁度かなと思いLサイズにしました!

R1を2ケース買って、冷凍食品を3つほど買うとクーラーボックスはいっぱいになりました。
もう少し大きくてもよかったかな、という感じはしました…(笑)

Mサイズ

Mサイズ
値段:7,776円(値段は変動する可能性があります。2018年9月5日現在の値段になります)
総重量:(約)900g 容 量:(約)12L
サイズ:(約)30×24×24cm 内 寸:(約)26×21×22cm 収納サイズ:(約)30.5×11×24.5cm
350ml缶が16本もしくはペットボトル500mlが12本と、氷点下パックが入るサイズ

Lサイズ

Lサイズ
値段:9,936円
総重量:(約)1.5kg 容 量:(約)20L
サイズ:(約)39×30×29cm 内 寸:(約)33×26×24cm 収納サイズ:(約)39×12.5×30cm
ペットボトル500mlが16本と氷点下パックが入る

XLサイズ

XLサイズ
値段:10,767円
総重量:(約)1.95kg 容 量:(約)40L
サイズ:(約)43×35×35cm 内 寸:(約)41×31.5×31cm 収納サイズ:(約)44×12.5×35cm
ペットボトル2Lが9本と氷点下パックが入るサイズ

ロゴス ハイパー氷点下クーラーの口コミは?

・保冷力の高さに満足

・ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックを使わなくても、冷たいままだった

・ジッパーが弱そう

・外側が結露した

保冷力の高さに満足している人が多いようでした。

ジッパーに関しては1年ほど使いましたが、壊れる様子は見られませんでした。

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックの種類は?

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックには、3種類の大きさがあります。
M・L・XLサイズの3種類あり、私は一番大きいXLサイズを2個購入しました。

クーラーボックスはLサイズにしましたが、保冷剤がXLサイズでも余裕で入る大きさでした。
(クーラーボックスがMサイズ(内寸26㎝)でも、XLの保冷剤(25.5㎝)は入るようですが、0.5㎝の余裕しかないため少しキツイかもしれないです)

Mサイズ

Mサイズ
サイズ:(約)19.6×13.8×2.6cm
重量:(約) 600g

Lサイズ

Lサイズ
サイズ:(約)25.5×16.4×2.5cm
重量:(約)900g

XLサイズ

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックの注意点

こちらは倍速冷凍と書かれていますが、完全に凍るまでは24時間かかります
重ねて冷凍庫に入れておくと冷凍するのに時間がかかるようで、私は24時間以上かかってしまいました…。
(保冷剤は、必ず寝かせて冷凍庫に入れましょう!)

早く凍らせて使用したい場合は、重ねて冷凍庫に入れないようにご注意下さい!
また完全に凍ると白っぽくなるので、まだ青(緑色?)っぽい部分が残っている場合は完全に凍っていないのでご注意下さい!
(完全に凍っていなくても使用できないことはありませんが、保冷力が落ちてしまいます…)

ロゴス ハイパー氷点下クーラーを効率よく使うには?

ロゴス ハイパー氷点下クーラーを効率よく使うには、「ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パック」と合わせて使うのがオススメのようでした。
それにプラスして、普通の保冷剤も合わせて使うと保冷力が更によくなるということでした!

私もロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パック2個にプラスして普通の保冷剤も居れるようにしています。
5時間ほど外に持ち歩きましたが、普通の保冷剤はガチガチに凍ったままでした。

ロゴス ハイパー氷点下クーラーを使用してみてのまとめ

"ロゴス ハイパー氷点下クーラー"と"ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パック"を合わせた保冷力はかなり高いもので、今までのクーラーボックスとは別物レベルに感じました。

暑い日に買い物に行くときは、こちらのクーラーボックスを常に持っていくようになりました。
そして旅行の時には、こちらのクーラーボックスが大活躍でした。

今では使わなくなりましたが、冷凍保存していた離乳食を旅行先に持っていくときにはかなり使えただろうと、今にして思います。
値段は1万円ほどしているので買うのにかなり戸惑いましたが、買ってからはもっと早く買っておけばよかったと思うほど頻繁に使っております

ロゴス ハイパー氷点下クーラーロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックを購入しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

おすすめの記事